PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

痛タタタ……(涙)

年に一度の木口木版画講座が始まりました。
工芸センターでの講座も2年目、去年ご一緒した顔やら銅版画でご一緒してる顔に加え、新しく加わられた方がたくさんおられて、みなさんそれぞれの意気込みがふつふつと湧いてるような初回でした。

で、まずは以前NHKで放映したというイギリスの木口木版作家さんの作業工程を映した番組のビデオ鑑賞から。実はこれ、去年も見せてくれはったそうなんですが、たまたま見せてくれはった回に欠席もしくは遅刻して、見れずにいたので、すんごくうれしく鑑賞しました。多分去年何も知らんと見ていたら見過ごしてたようなことも、今回気付いたりして、やっぱり見れてよかったーと。それにしても、この作家さん、すんごいいいアトリエで作業してはりました。掃き出し窓を開くと、テラスがあり、その向こうに芝生や植木がいっぱいの裏庭が続いている、という……理想ですわなー。(笑)

その後、版木を配られ、版木を磨くところから。その磨きが思いのほか重労働で(前回はそこまで先生がしてくれてはったので、知らなかったのですな。笑)参りました。とりあえず作業時間内で先生のOKが出て、版木に墨を塗るとこまでいけて終了、だったのですがっ!よう見たら、一箇所版木の継ぎ目のとこが点状にへこんでる!ひょえー。とりあえず下絵を考えた時点で、それを生かせるかどうか考えてみます、ハイ。(どこまで穴がつながってるか、わからんもんなぁ。ああでも先生に見せたら「もっと磨きなさい」と言われるかな。笑)
080201koguchi.jpg

今回は前回よりちょっと大きめの版に挑戦してみるつもりです、まずは下絵を仕上げなくちゃ♪(って、まだなのかいっというかんじですな。汗汗)

| 銅版画・木口木版画 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akatsukimaru.blog1.fc2.com/tb.php/888-0c501984

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。