PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『ねこのオーランドー』シリーズ

olando.jpg

キャスリーン・ヘイル作 脇明子ほか訳 福音館書店

マーマレード色の縞々猫オーランドーとそのご一家の物語です。
ポターが猫好きじゃなかったかも、と書きましたが、このヘイル女史(うーん、とりあえず女性なので。笑)は、ぜーったい猫好きさん。猫好きが高じてこの絵本を創ってしまった、というかんじの、おおらかな魅力いっぱいの絵本です。

アニャゾンさんに画像がなかったので、『ねこのオーランドー』ではなく、『ねこのオーランドー海へいく』を載せてますが、最初に読むならやはり黄緑鮮やかな表紙の『ねこのオーランドー』。
いかにも「茶トラ巨大化伝説」(笑)を地でいっている貫禄あるオーランドーと、ゴージャスな縞三毛のグレイス、3匹のこどもたちも、それぞれ毛色が違って性格もそれぞれ(笑)よく描かれているなぁと思います。文句なし楽しい絵本です。

| 猫の本・絵本 | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akatsukimaru.blog1.fc2.com/tb.php/875-b4501189

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。