PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

幼児教育支援施設?!おはなし会

☆プログラム☆
絵本『どうやってねるのかな』  やぶうちまさゆき作  福音館書店
絵本『うさこちゃんとうみ』  ブルーナ 作  いしいももこ 訳  福音館書店
絵本『ちいさいじどうしゃ』  レンスキー作  わたなべしげお訳  福音館書店
絵本『きかんしゃホブ・ノブ』ルース・エインズワース 作  上條由美子 訳  安徳瑛 画  福音館書店
詩「きりなしうた」  谷川俊太郎 作  『パタポン1』より
絵本『おおきくなったら なにになる?』  フランソワーズ 作  なかがわちひろ 訳  偕成社
絵本『パンやのくまさん』  フィービとセルビ・ウォージントン 作  まさきるりこ訳  福音館書店
子ども3大人2
1歳児とお母さん、2歳、3歳児とお母さんというふた組の参加でした。途中ちいさい子達が飽きてきたら、どうぞそっと抜けてくださいね、とお母さんたちにおはなししてから(お家でお母さんお父さんなどが膝に乗せたり、一緒に横になったりしての読み聞かせは、1歳児でも楽しむことができるかも、やけど、こういう場ではまだ難しい(飽きてしまって当たり前)ことも)始めました。でも意外にチビさんたちが興味を持ってくれて、『ちいさいじどうしや』ぐらいまで聞いてくれました。その後、チビさんたち2人とお母さん退場。3歳ぐらいのお兄ちゃんのみになったのですが、チビさんをお父さんにバトンタッチしてお母さんが戻り、残りは親子でじっくりゆったり楽しんでくれました。
最後の『パンやのくまさん』は、もうやめておこうか?!と思ったけれど、『読んで!!』とリクエストくれたので(^o^)読みました。お母さん曰く、お家でも絵本が大好きなんやそうです、ほんまによく聞いて楽しんでくれました、ありがたかったです。

| ストーリテリング | 14:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT