PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

文庫おはなし会プログラム

●小さい子向け            4人      補助Aさん
絵本『なにのこどもかな』
絵本『いちご』
絵本『いいおかお』
絵本『アンガスとあひる』
年少さんと年中さん4人。もう少し小さい子が参加するかな?!と選んだプログラムだったので、メンバーの顔を見て次の大きい子向けのものを組み込む?!と迷ったのですが、結局そのままでいくことに。結果的には、小さい子の楽しみ方とはちょっと違う楽しみ方をしてくれていて、いい勉強になりました。ゆったり楽しんでくれていたようでした。
●大きい子向け       3人      補助Aさん

絵本『じゃぐちをあけると』
絵本『とってもいいひ』
絵本『あひるのピンのぼうけん』
『あひるのピンのぼうけん』を読みたくて、組み立てたプログラム。ピンクは、おはなしも波乱万丈で面白いし、絵も生き生きとして(クルト・ヴィーゼ、大好き!!(^o^))魅力的なんですが、ビミョーに長い。その世界を楽しんでもらうために、組合せる絵本は、あまり長くなく、全くタイプの違う絵本がいいなと、柔らかめの科学絵本と、非常に現代的な遊び心のある絵本を選びました。
「これ!」と選んで組み立てても、時によっては「ああ、あかんかった(>_<)」ということになることもあるんですが、今回はいい具合に楽しんでもらえたようです、よかった。そして、「ピン」の魅力の凄さ。(^o^)みんな、話が進んでいくにつれて、しっかり絵本の世界に入り込んでくれて、揚子江の川風を感じてくれていたやうでした、ありがたかったです。

| ストーリテリング | 23:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT