PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スイス旅行記番外編小ネタあれこれ2

その2は、ご飯事情あれこれ。
まずは朝ご飯。



泊まった3つのホテルの朝ご飯それぞれ。
どこも大体ジュースに牛乳、ハムやソーセージにチーズあれこれとパンいろいろにシリアル、フルーツ、ヨーグルト、コーヒーか紅茶といった顔ぶれ、ボリューム満点。朝いっぱい食べられるおかげで、お昼が遅くなるのも平気だったのが助かりました。全体的に生野菜や果物は文句なくおいしいです。もちろんハムソーセージ類やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品もおいしかったです。
ひとつ、画像は無いけれど初めて見て面白かったのは、インターラーケンのホテルにあったゆで卵製造機。(≧∇≦)
お湯が四角い容器に沸かしてあり、卵がひとつすぽっと入るサイズの手つきのカゴ?!網?!(ほら、ラーメン屋さんとかで麺茹でる機械があるでしよ?あれのちびっこサイズみたいな感じ)が8つ位沈めてあって、自分でゆで卵を作る、というもの。一瞬何をするものかわからなくて、思わずそばに居てた他の宿泊客さんに聞いてしまった、という。(≧∇≦)私はあまり卵が好きではないのでやってみなかったけど、ダンナは試しに10分入浴(≧∇≦)させてみてたけど、お湯が沸騰してるわけじゃないので、かなり生生な(≧∇≦)半熟卵になっていました。(向こうの方々は、殻を剥いて食べるというより、スタンドに立てて上を少し切って?!スプーンですくって食べるせいかな?!)
ザンクトガレンのホテルにあった自分でコーヒー紅茶を淹れるネスレの機械も、最初使い方がわからず、お湯だけ出してしまいましたが(≧∇≦)やはり他の宿泊客さんが教えてくれはって、口みたいなことに好みの味のカセット?!をぽいっと入れてボタンを押す、というものでした。
そして、昼ご飯や晩こ飯。
せっかくなので「スイス伝統料理」を食べたいなと思って探したのですが、意外にこれが見つからない(>_<)ルツェルンでも、以前仕事でダンナが行った時にそういうレストランがあったはず、という通りがほぼH&Mとかのお手軽衣料品ショップになってしまっていたり。
で、その代わりというか?!よく見かけたのがイタリアンのお店でした。洋食=イタリアンという感じ。ま、やはりどこで食べても、大体イタリアンはハズレがないというか?!美味しいもんね、そうやんね、という感じでした。

↑画像は、ザンクトガレン1日目の夜ホテルのそばのイタリアンで食べた魚料理、めっちゃおいしかったです。

で、実は海外へ行くとなぜか食べたくなるのが、中華料理とかアジアンな料理。空気が乾燥しているせいか?!湯麺か食べたくなる(≧∇≦)…ってことで、今回もインターラーケンでちらっと覗いたんですが、かの大陸からの団体旅行客かな?!でいっぱいで入れませんでした。そう、大陸からの団体旅行客さんはめっちゃ多かった!!(≧∇≦)登山鉄道とかは、まるまる数車両が貸切状態だったり、駅の構内で旗とか目印持った人を囲んでたむろしておられたり。同じアジアンでも、日本や韓国の方々は個人旅行が多いというか?!団体でも人数が小規模というかで、やはり目立っていたのは大陸の方々でした。(記念撮影に凝っていたのは韓国の方々かな。納得の一枚が撮れるまで粘ってはったようでした。(≧∇≦))


あと、スイスワインは国外で飲むチャンスが無くおいしいからぜひ!と聞いていたので、レストランで何度か頼んでみました。ドイツ語圏だったので、ダンナは白ワインがメインか?と言っていたけど、結局赤ワインもあって、それぞれ飲んでみたけど、甘すぎず飲みやすくておいしかったです。ただお土産としては買うチャンスがなかったので、銘柄とかはわからず。


そして、物価です!スイスは物価が高い、と聞いていたけど、それはほんまにそう、食事(外食もサンドイッチなどの食品も)は高かった……でも、それは山の上でも同じ値段、これはちょっと感激しました。




↑これはシルトホルンかな?!の展望台で食べたToday's soupのセット。どんぶり一杯分くらいの(≧∇≦)人参スープにおっきなパン付き。多分900円位だったような記憶が。(決して安くはないんですが、ぼったくりでもない、という。)


| スイス旅行記2016 | 13:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT