PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スイス旅行記2日目の1ーピラトゥス山


目が覚めるとまだお日さまは上っておらず。雲の多い空。この日は、チューリッヒから今回の主たる滞在地インターラーケンへの移動日。
スイスは旅行立国なので、旅行者へのケアは手厚く、朝荷物を駅に預けると希望の駅で夕方受け取れる、というサービス(勿論有料ですが)があります。ということで、ホテルで朝ご飯の後チェックアウトして駅へ。そのままチューリッヒの街を観光するか?!インターラーケンへの移動途中どこかに寄るか?!と考え、結局移動してルツェルンに寄ることにしました。(ダンナは以前仕事でスイスに来たことがあり、ルツェルンへは行ったことがあったのですが、私が見たい場所があったのでそういうことに。(=^ェ^=))

まずはチューリッヒ駅から国鉄でルツェルンへ移動。駅前からバス→ゴンドラ→ロープウェイと乗り継ぎピラトゥス山頂へ。

ちょっとガスがかかっているけれど、展望台からの眺めは見事。下に見えるのは、日本語で言うところの四森州湖。(なんて読むんやろ?!(≧∇≦))行く前から「スイスは登山鉄道やロープウェイ、ケーブルカーなどが充実していて、普通の格好のまま山の上まで上がれて楽しめる」と聞いてはいたけれど、ほんまにその通り。このピラトゥス山にはドラゴン伝説があるそうで、そのせいか?!某大陸からの団体観光客がめっちゃ多かったのも印象的でした。(バスで途中まで運ばれてきてるみたい)
山頂からの下りは登山鉄道で。世界一の急勾配を走る鉄道やそうで、なんだかずんずんまっすぐ下へ降りて行ってるみたいな勢い。(≧∇≦)外からは放牧されてる牛がつけてる鈴の音が。(これがほんまにびっくりするほど大きな音で、これやったら多少のガスでも位置がわかるわなぁと思えるほど。首重いやろなぁ、な位に大きい子もいたし。(さすがウルスリの鈴やね、と。(≧∇≦))


↑すれ違う登りの車両、真っ赤でかわいい。
下の駅からは、今度は湖を船で横切ってルツェルンへ戻ることにしました。
(画像が上げられないみたいなので、続きは別記事に)

| スイス旅行記2016 | 17:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。