PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

文庫おはなし会プログラム

小さい子向け
絵本『三びきのくま』 トルストイ 文/レーベデフ 絵/うちだりさこ 訳(偕成社)
絵本『かしこいビル』 ウィリアム・ニコルソン 作/まつおかきょうこ、よしだしんいち 訳
絵本『おやすみ かけす』 マリー・ホール・エッツ 作 まさきるりこ 訳

9人、賑やかで和やか。そしてよく集中して聞いてくれました。
Kさんちのお孫ちゃん(年中さん)家に帰ってから、お家の「三びきのくま」と「かしこいビル」を引っ張りだして読聞かせしてくれたそうです。しっかり楽しんでくれていたんやな、とうれしくなりました。

大きい子向け
絵本『おかあさんはなにしてる?』 ドロシー・マリノ 作 こみやゆう 訳
絵本『ちいさなちいさなおばあちゃん』 ベスコフ 作 いしいとしこ 訳
絵本『いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう』 バージニア・リー・バートン 作 むらおかはなこ 訳

小さい子の時間にも入っていたおなじみの年長さんの女の子がひとりで。
補助の方にも入ってもらわずに、ふたりでぺったりマットに座って(笑)絵本を読みました。
途中、ちょっと質問に答えたり、意見を聞いたり。(笑)
たまにはこういうおはなし会も楽しくていいです、ハイ。

ちなみに…現在図書館児童図書部門(笑)では、「電車、でんしゃ」のテーマ展示中です。
なので、それぞれの時間に、一冊ずつ、出会って欲しい電車(ほんまは汽車やね。笑)の本を選びました。

| ストーリテリング | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akatsukimaru.blog1.fc2.com/tb.php/1770-acef0bc8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT