PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

★7日目★ロンドン(その4)

夏の夕方、もうぼちぼち7時?!な時間帯ですが、まだまだ空は明るい。水上バスの乗船客は、観光客7割、地元の方3割、という感じでしょうか。
日本のフェリーみたいに、船内には小さな売店もあって、瓶ビールをはじめとする飲み物やお菓子やスナックも売っていて、そこで買い物してみんなで飲み食いしてるグループもあれば、座ってパソコン開いてお仕事?!してる人も。ロンドンアイの船着場過ぎてすぐに検札も来たけど、定期券みたいのを出してる人やら顔パス^_^の人もいてた、やっぱり通勤水上バスなんやね。


ロンドン中心部では船着場がわりと細かく?!出来てるみたいで少し走っては止まり、人が乗り降りして次の船着場へ。いくつか停まった後、アナウンスがあり、ここからは高速で走るから気をつけろ、みたいなことを言うので、どうなることやら?!と思ったら、うーん、そんなに速度変わってないやん!みたいな。(≧∇≦)それでもテムズ川はかなり川幅も広く悠々と流れていて、川岸の景色も、おしゃれなホテルやレストラン、ビルが見えてたと思ったら、これは日本で言うウォーターフロントのマンションやなっていう集合住宅らしき建物も見える。それも、中心部から離れるにつれて、緑溢れのどかな雰囲気になってきたり。
やがて目的地グリニッジに着きました。
グリニッジは、グリニッジ標準時、天文台で有名な町。船着場でロンドン中心部へ戻る水上バスの時間を確認して(いざとなったら電車?!地下鉄でも帰れるけど、せっかくやから船で帰りたいなと)大きな地図を確認して、天文台へ。


カティサーク号?!の横を通って、広い美しい芝生の公園を抜けて

天文台!!もう門が閉まっていて中は見られなかったけど、まだ人は散歩してたり柵越しに覗きこんでいたり。で、回転式の鉄柵をみなさん行ったり来たりしてはるので、なんやろ?!と行ってみると!!ありました、これ!!(=^ェ^=)

子午線ですなっ(≧∇≦)東半球と西半球、跨いでみました。
さて、段々暗くなってきたので、ぼちぼち中心部へ戻ります。

船着場で次の船を待ちます。刻々と色合いの変わっていく夕焼け空がほんまに綺麗です。

| 2013イギリス旅行記 | 21:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akatsukimaru.blog1.fc2.com/tb.php/1707-87fa999f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。