PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

升田学さんの「ヒトスジ展 空地」へ

20130316hitosuji.jpg
2月の展示のお礼もちゃんとUPしてないまま、3月ももう半ば過ぎ(汗汗)ちゃんとせなあかんやん自分っ!!と思いつつ元気に日々が過ぎております。
そんな中(どんな中やん。笑)伊丹の工芸センターの横の郷町館で開催中の升田学さんの「ヒトスジ展 空地」のワークショップに参加してきました。

ヒトスジ……升田さんはヒトスジの針金で絵を描いていく作家さん、去年10wギャラリーの猫ふんで初めて作品拝見して感激した作家さんで気になっていたんですが、まさか地元(じゃないけど、気持ち的には地元な伊丹。笑)での展示がありワークショップまであるとは!と、きゅっちゃんも無理矢理誘っての(だって、好きそうやねんもん。笑)参加でした。(思惑通り自由度MAXで炸裂してたのでよかったよかった!金属好きなNさんもご一緒で楽しかったし♪笑)ちょっと寒かったけど(笑)新しい素材と出会えて、先生の制作の様子も拝見できて、楽しかったです。

まず先生がカエルの描き方をサインペンでさらさらと描いてくださってお手本見せてくださっての制作開始、ちなみに画像上から1個目、2個目、3個目(最後ワイヤー足りなくなった。)どうしても大きくなっちゃうとこから小さくしていき、最後は自由になんでもどうぞ的な感じやったのですが、残念ながら猫まではたどり着けず(笑)意外にステンのワイヤーは固くて扱いづらかったけど、これも不思議なもんで、対話してる感じになってくると、願うようにまがってくれたのが不思議で楽しかったデス。先生ありがとうございました。

蔵での展示はまだまだ続き、センターそばのクロスロードカフェ(ご飯おいしいとこです)での小品の展示もあるようで、来週自習の時にでも寄ってみようと思ってます。

| | 10:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akatsukimaru.blog1.fc2.com/tb.php/1661-b1f95218

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT