PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

資料Love♪

いろんな方法で資料を集めます。
とりあえず図書館で借りてみて、よかったら買うことが多いです、やっぱり手元に置いておきたいから。
今はAmazonで簡単に古書が手に入るので、大概それで手に入れます。
まれに「安いから選んだら、すんごい本に当たっちゃった!」という話も聞くけれど、私は今までそういうことに出くわしたことはないので、思わず一番安いとこから買います、ハイ。(笑)

今回、手元に置きたいと思った資料、探してみたら350円ちょっとで買えてしまう、送料入れても600円強、こりゃ手に入れる他はない!と注文したのですが・・・売り主さんからメールがきてびっくり。
どうやら、現物を見たら、ちょっと状態が悪く、Amazonに記載していた説明と違ってしまうので、一部返金します、とのこと。さらに実物見て気に入らなかったらキャンセルできます、とも。
古書をコレクションしてるヒトなら「えぇぇーー!話しが違うやんっ!!」ってなるんでしょうが、中身に問題がないのなら(今回はカバー紙が破けていた)問題ありませんがな、返金ありがとーーー!という感じ。(笑)
今日無事ブツが届きましたが、中身はほんまにきれい、安く手に入って助かりました。

そして、手元に置きたいと思ったきっかけはこの部分。
「われわれの存在はさまざまなかたちを取るが、それでもわれわれの存在であることに変わりはない。誕生と死は永遠の行程における二つの通過点に過ぎず、われわれはみな必ずそれを一度は越え、その狭間においてのみ、時間と空間にかりそめに身を委ねることになるのである。そしてそこでわれわれはみずからの真価を示さなければならない。しかし、誕生も、時間も、空間も、死も、絶対的なものではない。全ては自己実現に向けての変化であり、努力であるに過ぎないのである。」ーー『ケルト神話の世界』ヤン・ブレキリアン著 より

・・・なんか深い。(って、子どもの感想かっ。笑)
現在、いろんな〆切にドトーのように追われております。
そのひとつが、月末にある瀬戸の招き猫まつりにて開催される「現代招き猫100人展」への参加作品。
「招き猫」をモチーフに、自由に制作できるんですが、今年の私の作品のテーマとちょっとシンクロするとこがある。って、私の作品はもちっとちびっこい(世界が。笑)んですが。
ドトーの週末、時間を上手に使って、いろんな〆切をひとつずつ、クリアしていこうと思います、ハイ。(ぶっちこわー。笑)

| 銅版画・木口木版画 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akatsukimaru.blog1.fc2.com/tb.php/1630-dadb62e1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT