PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

文庫おはなし会

●小さい子の時間 子ども11人 補助Iさん
絵本「くまとりすのおやつ」 きしだえりこ文 ほりうちせいいち、もみこ絵
絵本「ティッチ」 ハッチンス作 いしいももこ訳
絵本「ちいさいねこ」いしいももこ作 横内襄絵

ここのところ参加人数が少ないことが続いていたので、ふたを開けてびっくり!な人数でした。
メンバーはなんとなく見覚えのある子が多かったような。おはなし会参加にも随分馴れてきたような印象です。
「ちいさいものと大きいもの」が、今回のテーマかな。(笑)
「くまとりすのおやつ」は気になっていたものの、おはなし会で使うのは初めて、でも、さすが岸田衿子さんの文章(詩?!)ですね、無駄が無くて美しい、心地いい。絵もいい具合に素朴でかわいいところが、テキストと響き合っていい雰囲気でした。自分用に買おうかな?!(笑)
そして「ティッチ」・・・小さいコの時間にぴったりやったような気がします。
最後は「ちいさいねこ」・・・うっかりしていたのですが、先週Yさんが大きい子の時間に読んでいた!でも、メンバーがかぶらなかったようで、聞き手の子どもたちから不満(笑)は出ず。みんながちいさい仔猫になって、一緒に冒険してくれてるドキドキ感が伝わってきて、読むこちらもドキドキしました。
人数は多かったし、お友達同士で入ってる子が多かったので、ちょっと私語もあったけれど、おおむねみんな真剣に楽しんでくれていたようです、よかった。

●大きい子の時間 3人
絵本「やさいのおなか」きうちかつ 作、絵
絵本「おまたせクッキー」 ハッチンス作  乾侑美子訳
絵本「赤ずきん グリムの昔話」 ホフマン絵 大塚勇三訳

小1の女の子がひとりと、前の時間帯にも入った年中さんの女の子ふたりでのおはなし会でした。
最初の会が楽しかったから、次も聞きたい!という熱心なお子らはわりといてるんですが、意外に途中で集中が切れてしまって、もうギブアップ、という場合もあるのですが、今日のふたりは、ほんまに絵本好きさんたちだったようで、最後まで楽しんでくれていました。
「やさいのおなか」は、聞き手の子どもたちとのやりとりが楽しい絵本。例えば、小学校の1クラスでのおはなし会とかであると、収集つかなくなっちゃうこともあるでしょうが、今日ぐらいの人数だと、あまり盛り上がりすぎず、それぞれが思うことをちょっとずつ口にすることができたりして(ちなみに今日は、小1のおねーちゃんはずーっと年中ふたりに対して、「ねーさん風」を吹かしてました。笑)楽しかったです。
「おまたせクッキー」も、小1の女の子は「知ってる!」と言いつつも、一緒にクッキーを人数みんなでわける、というミッションを楽しんでくれていたようでした。年中さんたちには、数の概念がまだちょっと難しかったみたい、この絵本はどちらかというと、やはりちょっと大きめの子たちの方が楽しめるようです。
最後に読んだ「赤ずきん」は、ちょっと前に出版された、ホフマンの遺作の絵本。本来は、まだ試作品というか?!お孫さんだったか?!にプレゼントとしてひとつ描きはった分をまとめての出版なので、いつもの精密な美しさとまではいかないけど、素朴でワクワクする感じは十分伝わってきました。(でも、森の中のお花が奇麗に咲き乱れている場面とかは、やはりご本人納得できる絵に描き直すチャンスがあれば良かったのになぁという感じです、残念です。)

おはなし会終って、図書館とおはなしの部屋の間を片付けのためにウロウロしていたら、2回とも参加してくれた女の子にばったり。とてもとてもいい笑顔で「またね」と言ってくれました。
楽しい時間、夢のようなおはなしの時間を一緒に過ごせたことを、喜んでくれてはるんやなぁとうれしくなりました。もちろん、そういう思いを、すっと表現できる子は少ない、ぶっきらぼうな子の方が多いのです。でも、そういう子たちも、心の中ではきっと何かを感じて反芻しながら帰っていくんやろなぁと思います。

今日はおはなし会の準備にきた時に、ばったり古い友人に会いました。「あ、図書館?」と聞かれたので「おはなし会の当番やねん!」と答えると、「偉いねぇ、長いこと続いてるねぇ。」とほめてくださいました。なんだかめっちゃうれしかったです。いや、偉いことなんか、ひとつも無いんです、それは自分が一番よう知ってる。(笑)
でも、そうして認めていただけちゃうと、めっちゃうれしい、ありがたい。
ほんまに・・・長いこと続けさせてもらってます、ありがたいことやと思ってます。
しっかりせなね、初心忘れるべからず、やね。

| ストーリテリング | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akatsukimaru.blog1.fc2.com/tb.php/1626-084cab84

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。