PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

某育児支援施設おはなし会プログラム

絵本「ちゅっちゅっ」 MAYA MAXX 文と絵 福音館書店
絵本「すずめ ちゅん」 あらかわかおる文 あらかわみつる絵 福音館書店
絵本「どうぶつのおかあさん」 小森厚文 薮内正幸絵 福音館書店
絵本「わたしとあそんで」 マリー・ホール・エッツ作 与田準一訳 福音館書店
おはなし「ネコがごはんの後で顔を洗うわけ」「子どもに語る世界の民話」より(リトアニア)
絵本「だるまさんと」(あーちにあった絵本。聞き手の女の子のリクエストで)
絵本「ながーいはなでなにするの?」齋藤槙作 福音館韓書店

聞き手:こども2名 お母さん3名、お父さん1名、あかちゃん1名、スタッフさん1名

開始時間になっても参加者がおらず(あーち自体に来場者おらず)今日はスタッフさんたちに聴いてもらって終わりましょか?!的な(笑)空気になっていたら、ぼちぼち親子登場、それでも少なさそうやったので、畳のコーナーでの読み聞かせに変更しました。
聞く気満々でいてくれた3~4才かな?!のおねえちゃんとお母さん(妹ちゃんは横の遊具で自由に遊んでいた)を聞き手にして、持って行っていた絵本を彼女向けに組んで読みました。とてもとても良く聞いてくれたので、ちょっと筋があるものも、と、「わたしとあそんで」をメインに。聞き手の彼女も、きれいなおばあちゃま手作りのワンピースを着ていたので、絵本の主人公とリンクして、物語の中に入っていくような表情で聞き入ってくれてました。
短いおはなしの後、「好きな本があれば、読むよ?」とスタッフさんと声をかけると、お気に入りの一冊を書架から持ってきてくれました。で、それを読む頃には、他のちびっこちゃんの親子やら、オムツ替えにきた、というあかちゃんの親子やらも聞き手になってくれて、小さいながらもこちらを真剣な表情で見てくれていました。
増えた聞き手のために、最後にもう1冊。これも、みんなよく聞いてくれました。

おはなしの部屋ではなかったので、ろうそくは使わずでした。
前回クリスマスの時期に、畳のコーナーでして、ほとんど「崩壊」状態(笑)になったことがあったけれど、今回はお母さんたちも真剣に楽しんでくれて(自分らで私語したりせずだった)途中から加わった聞き手たちも、すーっと混じってきいてくれていたので、それまで参加していた子の気も散らず、いい具合にできました。

| ストーリテリング | 09:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akatsukimaru.blog1.fc2.com/tb.php/1620-b1cf7610

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。