PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと足を伸ばして(*^_^*)


(金)ずっと行ってみたかった滋賀守山の佐川美術館へ、佐藤忠良展を見に行ってきました。
佐川美術館は、最寄駅守山からバス便しかなく、それも下手すると1時間に一本とか(>_<)なかなか行くチャンスがなかったけど、今回は心強い友人Nてさんが車を出してくれはったので、時間を気にすることなくゆったり行くことができました、ありがとうございましたーーー!m(_ _)m

画像は、入り口入ってすぐの景色。低層の建物の周りを浅瀬状の溜め池?!がぐるりと囲んでいて、水が流れる音がずーっとしていた、めっちゃいい雰囲気でした。

佐藤忠良氏は、私の中では「おおきなかぶ」の絵の人、という印象やったけど、ブロンズ像をたくさん作ってはった方で、その立体の柔らかな温かさ、可愛らしさ(きゃーかわいい!ってんじゃないけど、なんだかどこか愛らしいというか、あったかわいいの)見飽きませんでした。女の人の体って、ほんま綺麗やなぁ、とも。基本、裸体像って苦手なんですが、忠良さんのは好きやわ。(*^_^*)

ゆったりした館内は、常設展も充実していてよかったです。次の展示はエッシャーとのこと、また来たいなぁと思いました。

その後琵琶湖畔をちょっとドライブ、道の駅で新鮮野菜やら滋賀の名産をGET、駅まで送って頂いて別れました。Nてさん、お忙しい中ほんまにありがとうございました。m(_ _)m

その後京都駅で途中下車、えき美術館のツヴェルガーの原画展を見て帰りました。
こちらもいつまでも見ていたいような不思議な魅力のある原画の数々、目福でした。
それにしても、絵本で知ってる絵と色が全然違うーーー!吸い込まれそうな、沈んで行ってしまいそうに美しい深い藍色、実際に見られて良かったです。

滋賀、京都そして奈良……思いのほか近いねんなぁ、動ける時に動かな損やなぁ。(*^_^*)

| 日記 | 10:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akatsukimaru.blog1.fc2.com/tb.php/1606-dc0bc5af

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。