PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

児童館おはなし会プログラム


おはなし「ラクダのこぶはなぜできた?」 キップリング作 ツヴェルガー絵 同名絵本より ノルドズッドジャパン刊

絵本「ねこのホレイショ」 クライマー文 クァッケンブッシュ絵 こぐま社刊

子ども15名前後 指導員の先生4人

よーく聞いて、楽しんでくれたようです。

おはなしは、ラドヤード・キップリングが自身の子どもに話聞かせていた、という物語集の中のひとつのおはなし。絵本としては、あまりいいと思えなかった(ツヴェルガーの絵は美しいけど、描いてる場面が??なものが多くて(>_<)多分、企画した人(日本語では表記してないけど、多分キップリングのテキストに手を入れて絵本向けに脚色してる気がする)のせいやろなぁ。)けど、おはなし自体はおもしろい!これ、「なぜなぜ物語」に入っているらしいので、確認してみなきゃ。(^_^)
おはなしの後、流れで「ラクダのこぶの中身知ってる?」と聞くと、男の子二人が挙手、一人は水、といい、一人は違うよ、脂肪!そう、脂肪らしいので、調べたことを少し話しました。

絵本が20分弱、長いので、ちょと心配でしたが、みんな真剣に聞いてくれてました。小さめの版だったので、じりじりと近寄ってくる子も数名(^_^)。いいお話、しっかりしたお話はやはり的確に伝わるなぁ。
静かないいおはなし会になったかな?!と思います、よかった。(^_^)

| ストーリテリング | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akatsukimaru.blog1.fc2.com/tb.php/1568-31ca91b4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。