PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

文庫おはなし会プログラム(小学生むけ)

おはなし「うっかりまじょとちちんぷい」  ヌリット・カーリン作 同名絵本より 冨山房刊
絵本「そりぬすみ大さくせん」 マイケル・フォアマン作 せたていじ訳 評論社刊
絵本「星どろぼう」 アンドレア・ディノト文 アーノルド・ローベル絵 やぎたよしこ訳 ほるぷ出版刊

子ども 1人(2年生) 補助Nさん

月に一回の小学生向けのおはなし会、今日は、マンション街区によっては、クリスマスのイベントがあったりして、小学生は集まらないかも?!と思っていたら、女の子がひとり参加してくれました。
子どもと語り手が一対一って、意外に子どもがキンチョーしたりするので(笑)補助のNさんにも聞き手に加わってもらいました。

今回、おはなしには、星が出てきて、「そりぬすみ・・・」にはどろぼう、「星どろぼう」には、星とどろぼう!(笑)あまりに共通点がありすぎて、もしかするとプログラムとしてはどうよ?!とも思ったのですが、時期的に、クリスマスの絵本を一冊入れたかったこと、「星どろぼう」は、ひつじさんで見つけて、ああこれいいやー!と思った絵本だったので、読みたかったこと(前のプログラムの「トラのじゅうたん・・・」とこの「星どろぼう」の2冊は、今シーズンの私的大ヒットでした。笑)そんなこんなで、このプログラムになりました。
女の子、しっかり座って、しっかり考えながら(頭ん中で絵本やおはなしを味わってる時って、なんとなく表情にも出てくるものです、不思議。笑)楽しんでくれていたようでした、ありがたかったです。
Nさん、聞き手として楽しんでくれはったかな?!楽しんでくれてたら、いいな。

| ストーリテリング | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akatsukimaru.blog1.fc2.com/tb.php/1558-7d987667

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。