PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

某幼児保育支援施設おはなし会プログラム

絵本「ふしぎなたまご」 ブルーナ作 石井桃子訳
絵本「どうぶつのおかあさん」 小森厚文 藪内正幸絵
絵本「ゆきのひのおくりもの」 フランソワ作 ミューラー絵 ふしみみさを訳
おはなし「うっかりまじよとちちんぷい」 ヌリット・カーリン作 小杉佐恵子訳
絵本「きかんしゃホブ・ノブ」 エインズワース作 上條由美子訳

子ども10人 大人8人(もっと多かったかも?!(>_<))

もしかすると・・・・・耐震工事済んで初めて、かも、なお当番でした。
親子の音楽遊びの後だったおはなし会を、前にしてもらってから、も、初、かな。
相変わらず参加者は、赤ちゃんとそのお母さん、赤ちゃんの上のお子さんたち、と、なんと中学生になっていたHくん親子。
すごく久しぶりに会えて、よかったです。

まずは、赤ちゃんも楽しめそうな、絵本をいくつか。
なんとなくブルーナが読みたいなぁ、と、「ふしぎなたまご」を持っていってましたが、前の月のお当番さんもブルーナをいくつか読んでいたようで(くんくん、だったかな)かぶらなくてよかったーと思いました。
「ゆきのひのおくりもの」は、かわいい絵本、3、4歳のおねーちゃんたちが、興味を持ってくれていました。
おはなしは、まだ歯がぬけかわらないちびっこが多かったので、ちびっこたちには??だったかも、でした。
ここでのストーリテリングは、ほんまに迷う。どんなに絵本が好きでも、1歳にならない赤ちゃんには、筋のある物語のストーリテリングは難しすぎるよね。でも、お母さんたちは楽しんでくれたかな、楽しんでくれてたらいいな。
そして、最後の絵本は、こどものともの中の一冊。
「ホブノブ」って、どこかで聞いたよなぁ、とずーっとひっかかってたけど、家に帰って納得、たまたまマクビティのビスケットを買っていたんだけど、それが「ホブノブ」っていうやつでした。(笑)

| ストーリテリング | 16:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akatsukimaru.blog1.fc2.com/tb.php/1552-abbb37e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT