PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イタリア旅行記02


窓の外から聞こえてくるザワザワという人の生活音(^_^)で目が覚めました。窓の下は小さな運河、ゴンドラの溜まり場になっていて、見ていたらわりと朝早くからゴンドリエさんか?!見習いさんか?!が、船内を片付けたり掃除したり。道には、8時過ぎにはもう観光客がウロウロし始め、屋台が店開きのために移動し始めていました。
さて、着替えて朝ご飯に出発。
狭い路地をウロウロして、カフェを見つけて、店の外のテーブルで朝ご飯。パニーニやらサラダやらカプチーノやら。思いっきりたのんで、マクドより高め、スタバより安い、という感じ。途中、ヤクザのような(^O^)スズメ来襲、うっかりパンのカケラをあげてしまったら、わらわらと数が増えて(>_<)家族から大ブーイングに合いました。…でも、そばで観察できて面白かった、スズメはスズメでも、ビミョーに日本で見かける子らと模様が違うの。

ヴェネツィアはちょうどビエンナーレを開催中で、それを見たいというムスコと分かれ、街探検へ。まだ店は開いてなかったものの、ただひたすら歩き回りました。

教会や独特のカラフルな家並み、花や植木の飾られた窓辺、ひるがえる洗濯物(これ、イタリア各地カラフルでした、彼らは外干し派ですな。(^O^))車の走るような広い道がなく細い運河が網の目のように走る街ヴェネツィア、歩いているうちに自分がどこにいるのか?!土地勘のいいはずの大黒柱氏でも迷うほどでした。(目印になる山がないし。(^O^)ただ、ムスメが見事に土地勘をなくさず、磁石の役目をしてくれて助かりました。)

ヴェネツィアを多分初めて意識したのは、マドンナのPVを見た時。運河と迷路のような路地のある不思議な街、という印象だったけど、実際歩いてみて、ん十年前と変わらずなんやなぁ、と。
画像は、路地裏のマスケラ作りの工房。まだ朝早いので作業は始まっておらずだったのが残念でしたが、どうやら絵付け体験できる所もあったみたい。怪しげな観光土産やさんやら、猫グッズっぽいものを置いている店やら。表通りには、ハイファッションのブランドの店が並び、その住み分けぶりも見事でした。

トラックが走れないから、物の運搬も船で。

小さな商店もあるけど、こういう屋台も点在、普段は見慣れない果物や野菜もあり、見つけた時にはには思わず盛り上がりました。(^_^)
お昼は小さな運河に面した店で。日向はめちゃくちゃ暑いんですが、日陰に入ればさっぱりと涼しく、過ごしやすかったです。


ひたすら歩き回り、店を覗いた一日。画像は大運河、大きな橋から見下ろしてます。明日は鉄道で移動なので、近くまで行ったついでに駅の下見も。のんびり家族親族連れの観光客やら、でっかいバックパックを背負った若者やら。肌や目の色も様々でした。

| イタリア旅行記 | 08:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akatsukimaru.blog1.fc2.com/tb.php/1524-72748ea7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。