PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

某育児支援施設おはなし会プログラム

絵本「どうやってねるのかな」やぶうちまさゆき作 福音館書店
絵本「かあさんねずみがおかゆをつくった」スマトリーコバー絵 福音館書店
絵本「にゃんきっちゃん」岩合光昭写真 岩合日出子文  福音館書店
絵本「いちご」平山和子作  福音館書店
絵本「しろくまちゃんのほっとけーき」わかやまけん作  こぐま社
絵本「3びきのこいぬ」オットー文 クーニー絵  長崎出版
おはなし「さるのきも」「子どもに語る世界の民話」より
絵本「なーらんだ」三浦太郎作

久しぶりに暖かな週末だったせいか?!朝から来所者が0だったとのことで、準備をしつつもおはなし会は成立しない可能性もあるわなぁと思っていたのですが、開始時間ちょっと前に小さい女の子(1歳4ヶ月)を連れた親子がいらして、スタッフさんたちも一緒に絵本とおはなしを楽しんでもらいました。

女の子・・・・この施設には親子でよう遊びに来ているようで、スタッフさんたちともおなじみさんだったのですが、私とは初対面。どうやら最近人見知りが始まって、お母さん命状態になったはるとこのことで、「誰?このおばちゃん??」という表情がありあり(笑)そうなるとあまりじっくり目を合わせるわけにもいかず(笑)さらっと、を心がけて本を読みました。
参加者は小さいやろなぁと思って選んでいった絵本を、リズムよく読んでいきます。
それぞれ、ちょっとずつ興味を示したり示さなかったり。
「かあさんねずみ・・・」は、チェコのわらべうたに絵をつけたもの、ちょっと難しいものもあったりするので、わかりやすいものを3つほど選んで読みました。スタッフさんたちは小さい子どもにも絵本にもベテランな方々、子どもの目線で絵本を楽しんでくださるので、とても読みやすいのです、一緒に声を出して楽しんでくださいました。
「にゃんきっちゃん」では猫の話をしたり、「いちご」や「しろくまちゃんのほっとけーき」では、それぞれ食べ物の話をしたり・・・本来はおはなしの世界へ行っているわけですから、ちょっと世間話っぽいことはよくないんでしょうが、ここのおはなし会はそれもまた楽しいかな?!と思って(それに女の子ひとり子どもなので、あまり畳み掛けるように絵本ばかり読んでも、聞き手はつらいかな、と思う気持ちもあり。笑)絵本の話をしたり、その題材にまつわる話をしたりしながら、次の絵本へつなげていきました。

おはなしは「さるのきも」タイの昔話で、ちょっとどきっとするものの、悪い人が出てこないところがよくて(それに全体的に流れる空気が、やはり北国とは違う、南のおおらかさが伝わります)選びました。スタッフさんたちは、なんだか別の再話を聞いたことがあるような気がする(最後にさるが逃げ出して終わり、みたいな)あるけど、このおはなしの方がいいわね、と言ってくださって、うれしかったです。

大人には楽しんでもらえたかな?!な、おはなしでしたが、女の子には何がなにやら?!な難しさです、そろそろ他のことに気が行ってしまっていて、どうしようか?!と思ったけれど、部屋にあった「なーらんだ」を最後に読みました。

うーん、毎回行くたびにやはり悩みます。そもそも1歳代の子どもに、たとえ昔話とは言え、おはなしを聞いてもらって楽しんでもらおう、というのは無理なのです、はい。ある程度の年になって(せめて3歳)ある程度系統立てて物事が考えられるようになり、人の話を聞いてちゃんと理解できる年頃にならなければ、知らないおばちゃんの語るおはなしは、ただの音のリズム?!でしかないに違いない。絵本はまだいいのです、絵があるから。それがたとえ知らないおばちゃんの読むものであっても、聞こえてくる言葉、目の前に広がる絵で、ある程度は理解できるし楽しめると思う・・・・おはなしはねぇ。3歳以上のコがやってくるかも、ということで、毎回おはなしをひとつ用意していくけど・・・・・対象年齢の子が居ない場合は、やめるべき(おはなしを。その代わりに、絵本を読む、とか)なのかなぁ。お母さんたちやスタッフさんが楽しんでくれたらいいかな、と思ってしてるけど、その間はちびっこちゃんたちは、「楽しい」とは言えないよねぇ、「静かにしなさい」って言われちゃうかもしれないしね。また他のメンバーさんのご意見お聞きしたいです。

| ストーリテリング | 18:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akatsukimaru.blog1.fc2.com/tb.php/1478-e0e79291

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。