PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

上製本製本講座に

100422_0731~04
↑大阪・南森町のギャラリーびー玉さんでおこなわれた、田中栞さんの上製本製本講座に参加してきました。

田中さんは、ブログでもつながりのある東京の方、ご自宅を始め各地で製本の講座をされているので、一度参加してみたいなぁと思っていたら、なんとびー玉さんでされるとのこと、申し込みして参加してきました。

小さな上製本形式のノートを作る、というこの講座、時間的に厳しいこともあり、キット状に作ってくださってた折丁と表紙にする裏打ちした布、花布、しおり紐、しおり紐の先につけるビーズ、縫い糸などなどを自由に選び開始しました。
田中さん、しゃっきりした東京弁(とは言わない??でも共通語っていう言い方も変やんね。笑)、このリズムイントネーション久しぶりに聞いたよーと思いつつ、説明を受けながら作業開始、まるでジェットコースターのようにとにもかくにも最後まで(笑)楽しくもドキドキな2時間半(3時間弱?)でした。
コトバでの説明も大切やけど、やはり目の前でしてくれはる手さばきを見ていると「ああ、そういうことやったんか!」と目からウロコなことがいっぱい。今までいろんなところで教えたいただいたりしたことや、本を読んでわかったようなつもりでいたことが、ほんまはちゃんとわからずにしてたんやなぁ、と。(汗汗)
モノゴトには理由がありそうなってるわけで、田中さんの手元を見たり、いろいろお話してくださることを聞きながら、その理由にがわかって、納得できる、という。ぴしっと美しい本を作るためには、ほんのちょこっと心や手を尽くして作る、ということ、そのコツ。ほんまに楽しい時間でした、ありがとうございました。

画像は、水兵さん模様のちっちゃな上製本のノート。その後教えてくださった、糸も糊も使わずに作る折本のいろいろ。(笑)
家に持って帰ってちゃんとプレスしていたので、ぴっしりいい具合に仕上がりました♪

講座の後は、他の方も加わってのQ&Aタイム。他の方の質問に答えはる田中さんの答えを聞きながら、あーそうかーそういうことなんや!といろいろ再確認。熱心な方が多くて、刺激をいっぱいいただきました。ありがとうございました。

| 金柑本・豆本・製本 | 02:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akatsukimaru.blog1.fc2.com/tb.php/1344-4c151794

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。