PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『クリスマス・キャロル』

ディズニーのこの映画、観たいなぁと思いながらも日が過ぎていて……ムスメの「観たい」という希望もあり、劇場の上映予定をチェックしたら、今週中には終わってしまう、とのこと、慌てて夜の回のチケットを取って観に行きました。

実写なのか、と勝手に思っていたら(だーって、スクルージがジム・キャリーでしょ、甥っ子がコリン・ファースって書いてあったから、つい。でも、いっくらメイクしても、甥っ子がコリン・ファースってのは、年令的に無理か。笑)アニメ?!CG?!でまずびっくり。それに、本編始まったら、そのスピード感に更にびっくり。
……ってか、それやったら、ランドにライド作ったらいいやん!的なフィルムでした、結局。(笑)

舞台は原作通り、ロンドン(イギリス)なんですが……うーん、絵ヅラはとりあえずロンドンなんやけど、人物とか(精霊含めて)その動きとか空気感は、アメリカ、どっぷりアメリカで、ああ、やっぱりディズニーの映画なんやーと、ちょっと残念でした。


『クリスマス・キャロル』は、子どもの頃初めて出合ったときから、大好きな物語のひとつです。今でも、この時期ついつい手にとって読み返してしまうほど。私の中に、3人の精霊(過去、現在、未来)の姿がちゃんと出来上がっていて(多分、初めて出合ったときの河出書房(かつての)の全集の挿絵の姿が元になってるのかと思う)そんな思い入れがある分、余計に今回の映像は馴染めなかったのかもしれません。

それに、因業強欲身勝手なスクルージが、3人の精霊と出会い、いろいろな光景を見せてもらうことで心を入れかえていく過程がこの物語の大切なところかと思うねんけど、そのあたりが弱かったような気がしました。
精霊との移動に力入れ過ぎ、っていうか。(笑)3Dでの上映館もあったそうですが、2Dで観ててもかなりなもんだったので(絶叫ライド系苦手な方には辛いんじゃないかと思うほど。)(ちなみにムスメは、すんげー怖がりで、原作は読んだことがあったもののほとんど忘れていたそうで、前半は怖くて怖くてたまらなかった、と言ってました。笑)そっちばかりに気が行ってしまう、というか。(笑)

ってことで、次は映画版『ワンピース』観にいこうと思います、口直し、ってやつです♪(コラコラ。笑)

| 映画 | 15:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akatsukimaru.blog1.fc2.com/tb.php/1278-0fc5a541

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT