PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

木口木版画家、齋藤修先生の

なんば高島屋で行われている個展を拝見しに、SさんKさんと待ち合わせて行きました。
今回は木口木版画だけじゃなく、新しい試みとして木口木版画を使ったコラージュや、??絵の具(日本画の絵の具じゃなくて、なんとか、と会話してはったけど、よう聞き取れず。汗汗。でもやはり膠でとく、って言ってはったような。次回SさんKさんとお会いしたときに確認しよーっと。)でのドローイングも展示しておられました。
先生の木口木版画は、静謐なモノクロの世界なんですが、コラージュやドローイングは、色が鮮やか~~!日頃モノクロのモノヅクリをしてはるから、余計にそうなるのかな??などと思ったり。それにしても、一箇所に安住せず、新しいことを続けていかれる姿勢、すごいなぁと思いました。

先日工芸センターでばったりお会いしたときに、どさくさにまぎれて質問していたことのお答えもいただき(と、言ってもマツムラへの注文は、1月終わりに講座が始まったときにしようかなぁ、送料なくなるよね、みんなと一緒にしたら。←節約節約。笑)ありがとうございました。

個展は、高島屋6Fの美術画廊にて15日(火)まで。お近くへ行かれる方はぜひ♪

その後、3人で、無印でお昼ご飯。(一度食べてみたかったMUJIのご飯、おいしくてヘルシーでした。)その後なんばパークスでしていた光のインスタレーション?!展示も見に行き(これは見るちうより体験する、というかんじ。面白かったデス。)ゆっくりお茶も。おふたりとも、私にとっては講座の先輩さんたちなので、いろいろ制作上のお話も伺ったり、したりして、有意義+刺激的な時間を過ごすことができました、ありがとうございました。

Kさん…工芸クラブ員展、楽しみにしています。(と、言っても最終日しか行かれへんけど。謝)

| 銅版画・木口木版画 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akatsukimaru.blog1.fc2.com/tb.php/1277-4c53d227

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT