PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

某育児支援施設おはなし会プログラム

絵本『いぬがいっぱい』 グレース・スカールさく やぶきみちこ訳 福音館書店刊
絵本『ちいさなヒッポ』 マーシャ・ブラウンさく うちだりさこ訳 偕成社刊
絵本『てぶくろ』 ウクライナ民話 ラチョフ絵 うちだりさこ訳 福音館書店刊
おはなし「ジャックと白いぼうし」『むかしばなし・イギリスの旅』より むろの会訳
絵本『みっつのねがいごと』 マーゴット・ツェマック文・絵 小風さち訳 岩波書店刊

日差しこそ春めいて明るくなってきましたが、まだまだ寒い~~~!と言いながらも、ちびちびちゃんとそのお母さんの組み合わせが数組に、ちょっと大きな女の子(年中さんくらいかな?!)そのおとうとくんとおかあさん、という参加者でした。

最初に2冊ほど、ちびちびちゃん(1歳前後やね、きっと)たちでも楽しめそうな絵本をいくつか読むので、その後もしちびちびちゃんが楽しんでなさそうだったら、静かに出てもらって構いません、とおはなししてから開始、やっぱりちびちびちゃんたちは、絵本2、3冊が限度だったようで、おはなしが始まるまでにちびちびちゃんたちは退室してはりました。
ま、でも、絵本は、じぃーっと見てくれてたし、なにやらくりかえして言ってた(笑)から、いいかな。
おはなしは、残ってくれてた女の子メインにおはなししました。空を飛ぶって、誰でもやっぱり一度は憧れるのかな??彼女もちょっと照れくさそうながらも楽しんでくれていたようでした。
最後…もう一冊読もうかな??どうする?と聞いたら(時間がちょっと微妙だったので)、その女の子とちびちび弟くんのお母さんが「私も聞きたいから読んでください!」と笑顔で言ってくれはったので、「みっつのねがいごと」を。

これ……『ありがたいこってす』みたいに大判じゃないので(こどもの本の統一の大きさ)地味ではありますが、ツェマックらしい味のあるいい絵で、ほのぼのあったかくなるいい絵本で、スタッフさんやその親子さんたちと、楽しむことができました。
「3つだけ願いをかなえてやろう」と言われたら……ほんまに悩むやろなぁ、そう思いながら読んでいたら、途中鼻にソーセージがくっついたところで、女の子が「えぇぇえー!!(笑)」と笑顔になったのがかわいかったです。「やっちゃったー」というかんじだったのかな??でも、このお話は、貧しいながらもきこりのご夫婦が仲睦まじくて(それに、飼ってる犬もかわいいの。笑)決して万々歳の結末じゃないとしても、充分いいことがあったね、と満足できる結末がやってきて、あったかい気持ちになれました。

そう言えば、おはなし会の最後に、ロウソクを消すのですが、毎回その月生まれの子に代表して消してもらっています。今回はちびっこはその女の子(と、ちびちび弟くん)だったので、彼女に代表して、と思ったら、なんとそのお母さんと入ってくれてはったスタッフさんも2月生まれでした。ってことで、3人で共同で消してもらいました。(笑)

| ストーリテリング | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akatsukimaru.blog1.fc2.com/tb.php/1120-0f5a407b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。