PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

◇6日目その2◇ベンローモック蒸留所

ne05.jpg
↑スコットランドに来たからには、蒸留所も見たいよね、ということで、次はココへ!


スコットランドへ行くと決まり、さてどこへ行きたい?!何を見たい?!といろいろ候補を考えたとき出てきたのは、グレンフィナン、ネス湖(ちょうどその頃、映画『ウォーターホース』を親子で観ていたんですな~。笑)、スカイ島、エディンバラ、グラスゴーのセルティックのスタジアム、そして、ウィスキーの蒸留所。(これ、うちの家族実物をご存知の方には、誰がどれをリクエストしたか、丸わかりですな。(爆)ちなみに、ここには載ってないけど、実際にスコットランドに入って、ムスコが「やっぱり見たかったな」と何度かぼやいていたのは、「ハドリアヌスの長城」でした。ま、似たような積石の壁をいっぱい見たからいいか?!笑)

実は、ウィスキーの蒸留所は、あまり行きたいところをはっきり言わないドライバー氏に「せっかくやから行ってみいひんか?」と提案したもの。と、言いつつうちの家族はウィスキーは飲まない……でも蒸留所には、ウィスキーキャットが飼われている場合が多いのですな。(笑)
と、言いつつ、アーカート城が今日になってしまったため、飛行機(インヴァネスの空港からガトウィックに夕方戻ります)の時間もあるので、時間があまりない……ということで、有名どころに行く時間はなさそう、ということで、あわててガイドブックやナビで探して、空港から一番近い、ベンローモック蒸留所へ向かいました。

受付で入場料?!を払い(18歳以下はタダです、わかりやすいわな。笑)短いDVDを見たあと、係りの女性に案内されて所内を見学しました。ベンローモックは、スコットランド一小さい蒸留所だそうで、創立した後、一時期閉まっていた時期もあるそうで、全体的に「新しい」「こじんまり」という印象、残念ながらウィスキーキャットの「ウ」の字もありませんでした。(すげー表現。笑)
でも、説明を受けながら(日本語の資料を渡してくれるので、それが助けになります。笑)見てまわっていると、ウィスキーのモルトのいいニオイがしてきて、なんだかシアワセな気持ちになりました。(笑)

一通り見学+説明が終わると、事務所に戻って試飲(笑)、コップにシングルモルトを入れてくれて、お水も添えてくれ、「どうぞ!」と。もちろん18才以下の人の分はありません(笑)、喉を通るとき、「んきゅー!」というかんじになりましたが(どんなかんじやねん。笑)おいしくいただきました。
神戸で日本酒の蔵元の傍に住んでおり、いくつか見学もしたことがあるので、英語が堪能であれば、そういうことをいろいろ彼女とも話せたやろに、今回の旅で、このときが一番ちゃんと話せないくやしさを感じました。(町の人やらお店の人と、生活面とかちょっとしたことでの意思疎通はとりあえずできるんですが、ちゃんとした「説明」とかができひん……)(って、これまでも、何度も(ってほど多くはないけど。笑)このくやしさを感じたはずやのに、帰国してしまうと生活に埋没してしまいますな。溜息)

そして、一路空港に戻り(ランチは空港で簡単に。笑)レンタカーを返却、ガトウィックへ。
「flybe」という国内格安航空……機内サービスはなく、機内販売があったものの(ちゃんとアフタヌーンティとかもあった!!!笑)眠気には勝てず(笑)約一時間、みんなで爆睡状態でした。
nes06.jpg
↑さぁ、ロンドンに戻ってきましたぞ。(笑)

ガトウィックからは、電車(エクスプレスがあります)と地下鉄を乗り継ぎ、最後の晩を過ごすホテルへ。ケンジントンに近い駅の傍のホテル、周りにいろいろ店があったりしましたが、到着したのが10時前……さすがに店を探してウロウロする時間でもないやろと、ホテルのレストランへ。そのレストランもほぼ閉まりかけていたものの、11時までならどうぞと(荷物解いたりしていたら、10時すぎてました。笑)気持ちよく案内してくれて、着席、またまたひとりずつしっかりオーダーして、おなかいっぱい(寝る前やのに。笑)なりました。

画像はないけど、そのときドライバーさんが飲んでいたのが「ロンドンプライド」というビール。まったりしておいしかったです。私が頼んだ野菜のポタージュもおいしかった~~♪
lon01.jpg
↑部屋はメゾネット状態になったファミリールーム。(ほんまは、メゾネット式に、ベッドルームとリビングがある部屋だったようですが、エクステンションのベッドを入れて、4人で寝れるようになってた)こんな階段がありました。

ホテルの前は道を隔てて、1Fにいろんなお店やスーパーの入ったビル、夜が更けても、車通りは完全には途絶えず、いやー久しぶりに都会におんねんなぁ、というかんじ。根っからの「都会っ子」(笑)なアタシは、「わー、やっぱり都会もいいなぁ。」と再確認してました。
さぁ、明日が最終日です。


| イングランド・スコットランド旅行記 | 08:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akatsukimaru.blog1.fc2.com/tb.php/1041-e7d3f937

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。