PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

魂の叫び?!(泣笑)

出入り自由にしていたベランダから、3猫がバルドを先頭にドドドーっとリビングへ。なんだか彼らの声だけじゃない音がしている?!こ、これはもしかして??っと様子を伺うと……やっぱり蝉を捕まえてきていました、ぎゃー。今年初めての狩果(そんなコトバがあるのか?!笑)です。
まだしっかり生きているものの、バルドは蝉をリビングの床に置いてちゃいちゃいしたり咥えて運んだり。アタシもムスメも虫は苦手なので、さっと素手で取り上げることもできず(ヘタレやわー。笑)「ぎゃーバルド、やめなさいっ!」と叫ぶばかり。(情けない。笑)でも、このままでは弱ってしまう(もう充分この時点で弱っているんやろけど)ので、ふっと先日ひなたさんでてんちゃんと話した「虫は素手ではなく、軍手で。」を思い出して……その場に軍手はなかったので、なべつかみをひっつかんで(このあたり必死でした。笑)ムスメにバルドを呼んでもらい、ふっと意識がそちらへ向かった隙をついて、蝉ちゃんGET……元気はなさそうなものの、まだ動いていたので、窓を開けて外へ。
「好きな場所で、安らかに死んでくれぇっ!!!」
……ある意味、魂の叫びですな。(合掌)
少しして、蝉ちゃんが落下した場所を見ると、もうおらず……よかった、好きな場所へ行くチカラは残っていたようです。

虫を捕まえるのは、猫の本能です、否定することはできひんけど、その場面にぶち当たると、やっぱり焦る……今年は黒光艶走飛虫(…汗)を捕まえてるトコには遭遇してないので、助かるけど、蝉もいややなぁ。
20080725ba.jpg
↑バルドはしばらく蝉を探していたようですが、やがて諦め「で、なんやねん?!」という顔をしていました、はぅー。


20080725pa.jpg
↑ぱーこさんが立った!……じゃなくて、すみません、わざと画像を1/4回転させてます。(笑)そろえた後ろ足がなんだかかわいいです。
その後……午後になって、またバルドがベランダから(今度は猫ドアのついてる北側のベランダから)蝉を持ってきました。今度の子は更に元気な子で、ひたすらリビング内を飛び回るっ!(汗汗)たまたま、私が立っていた後が窓で、その窓を開けたら、外へ飛び出していってくれました、ほっ。でもなぜか?!その窓の外側の網戸にとまったまま動かない。バルドもトルクも、見えるのに触れない蝉に不満気でしたが、最後は飛び去ってくれました。ふぅー、しばらく狩の季節が続きますわな。

| | 11:15 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

好きな場所・・・

というのは、つまり「見えないところ!」ですね。
その魂の叫び・・・よく分かります!(笑)

↓カイ・ニールセンの作品集、見たことがあるような
と思ったら、ウチの本棚にもありましたよ~♪
同じシリーズでデュラックの作品集も・・・
ずっと前、ビアズレーの世界にハマッていた頃買ったのかな。
忘れてたけど、ひさしぶりに手にとってみました。(^^ゞ

| いつか | 2008/07/26 10:34 | URL | ≫ EDIT

暑中お見舞い申し上げます こちらは灼熱地獄です (T-T)
きっと9月の瀬戸も残暑厳しいぞ~ 
お覚悟を~~!!
うちも空我がハンターです (^_;)
先日息子が仕事に出かけるのと入れ違いに朝の散歩から帰って来た時何かくわえてるぞと言われ 追いかけてそのまま玄関前で空我がセミを放すのをひたすら待ちましたがにゃ
幸いまだ存命だったので木に捕まらせて即空我を抱きかかえ家の中に・・・
空我はめちゃ不満そうだったけど 家に入れられては困るのよ~ 
ほめてやらないといけないのだろうけど無理! (^^ゞ

| にゃんママ | 2008/07/26 23:57 | URL | ≫ EDIT

◆いつかさん
わはは、見えないところ」って意味もあるんですが、それより「こんなとこで、猫なんかにチャイチャイされながら命を落とすより、どこかの木陰で死んだほうが気持ちいいやろ?!」っていうかんじかな。(笑)その後用事で外へ出たら、まだそばの道端にいたので、家の中からなべつかみを持ってきて(爆)木の幹に移しました。(一匹目。)
いつかさんも持ってはったのですね~~!デュラックやビアズレーも惹かれた時期があったなぁ。(どんな小学生やねんっ?!爆)
◆にゃんママさん
名古屋も暑いやろなぁ~~~、神戸は気温的には京都よりはましみたいです、って言ってもあぢいですが。(涙)
瀬戸……おかげさまで、100人展への参加が決まりました。今年はお泊りで行きたいなぁ。(笑)
空我くんも捕まえてきますか(笑)猫さんって、ハンター向けのこと、そうでもないこがいるんですね、うちはバルドが捕まえてることが多いです。

| 暁 | 2008/07/27 08:29 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akatsukimaru.blog1.fc2.com/tb.php/1015-33ba6b57

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT