PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今日も西へ東へ(笑)

家族を送り出してから、ささっと用意して三宮へ。この映画館には、随分前に『NARUTO』だったか『ONEPIECE』を観にきたよなぁ(ちゃんと覚えてないって、どうよ?!汗汗)と思いつつも、どこから上に上がるのかちょっと迷い(ちゃんと覚えてないってどうよ?!×2。汗汗汗)ぎりぎり到着、それでも本編にまにあって、好みの座席でコレを鑑賞できました。

うーん。
すみません、パトリック・デンプシーは、『グレイズ アナトミー』でちらっと見て、あんまり好みじゃない、と思っていたくらいなので、「ラブコメ」として楽しみに行ったわけじゃなくて……スカイ島でロケしたって、どこかで言っていたのを聞いて観たいなと思ったので、その点では満足でした。(スカイ島=スコットランドの対極として描かれている大都会NYの街の雰囲気も良かったし。笑)それに、スコティッシュ代表の、ウィスキー蒸留所持ちの公爵(の息子)の名前が、コリンっていうのも「王道」って感じやったし(笑)、一族が馬車の代わりに乗り回しているのがランドローバー(レンジローバー?!←車のことはようわからん。笑)ってのもツボだったのですが(それにコリンのおばちゃん(公爵夫人だか男爵夫人やわね。)が喋っていたのは、ゲール語やんね?!わぁ、聞くのは初めてや!笑)ああいう描かれ方をしたスコティッシュを、スコティッシュが見たらどんな気持ちがするんやろ?!みたいな。もちろん、異文化を尊敬を持って描いてはいるけど、デフォルメせざるをえなかった部分もあったやろし……ま、ほんまのスコティッシュは、あの映画は観ないか。(爆)

それにしても、しばらく前から憧れていたスカイ島の風景、家並、全編そればっかりではありまませんでしたが、しっかり満喫させてもらってきました。(それにしても、脇役の中に、ちらりほらりと俗に言う「海外ドラマ」で見たことのある顔があったような気がするのは、気のせい?!)

三宮で頼まれものの買い物を済ませ、お昼もささっと済ませ(JALのチケットの裏でマクドでただ飯。カロリー怖いけど、お財布には優しい、という。笑)東へ、ギャラリーびー玉さんで始まった「古書と蔵書票展」を見に行きました。
去年も拝見したこの展示、初日ということもあって、出展されてる作家さんも来られていて(板目木版画の柳田さんや、ギャラリーの上山さん(銅版画))ちょっとお話できて勉強になりました。そして、この展示の楽しいのは、それぞれの蔵書票だけじゃなくて、近くの古本屋さんが見繕ったおすすめの古本が置いてあること。これも初日のラッキーさで(笑)カイ・ニールセンの作品集(北欧の昔話集『太陽の東月の西』の挿絵が中心でした)があって、思わずGET!小学生の時(だったと思う)この挿絵を見て大感激したことを思い出しました、やったー♪(笑)
20080723kay.jpg
20080725hons.jpg
↑びー玉さんで手に入れた蔵書票の数々。木版画の柳田さんも、蔵書票部に所属されているとのこと、今回はバタバタしていた時期で、交換のお知らせに気付けず参加できひんかったので、次回はぜひ参加させてもらいたいと思います、ハイ。(本の手帳の表紙の上に載っている小さな小さな茶色の表紙のモノは、おれいゆさん手作りの豆メモ帳。美しさとかわいらしさで、もったいなくて使えません。(笑)

| | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://akatsukimaru.blog1.fc2.com/tb.php/1014-938fbf6c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT