2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

≫ EDIT

test

久しぶりにパソコンからログインしようとしたら弾かれたので、パスワードを変えたら、今度はアプリから投稿できましぇーーん。(>_<)なので、テストテスト。

| | 23:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

これもテスト。

stgallenlibrary.jpg
test,test!

| | 23:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

幼児教育支援施設?!おはなし会

☆プログラム☆
絵本『どうやってねるのかな』  やぶうちまさゆき作  福音館書店
絵本『うさこちゃんとうみ』  ブルーナ 作  いしいももこ 訳  福音館書店
絵本『ちいさいじどうしゃ』  レンスキー作  わたなべしげお訳  福音館書店
絵本『きかんしゃホブ・ノブ』ルース・エインズワース 作  上條由美子 訳  安徳瑛 画  福音館書店
詩「きりなしうた」  谷川俊太郎 作  『パタポン1』より
絵本『おおきくなったら なにになる?』  フランソワーズ 作  なかがわちひろ 訳  偕成社
絵本『パンやのくまさん』  フィービとセルビ・ウォージントン 作  まさきるりこ訳  福音館書店
子ども3大人2
1歳児とお母さん、2歳、3歳児とお母さんというふた組の参加でした。途中ちいさい子達が飽きてきたら、どうぞそっと抜けてくださいね、とお母さんたちにおはなししてから(お家でお母さんお父さんなどが膝に乗せたり、一緒に横になったりしての読み聞かせは、1歳児でも楽しむことができるかも、やけど、こういう場ではまだ難しい(飽きてしまって当たり前)ことも)始めました。でも意外にチビさんたちが興味を持ってくれて、『ちいさいじどうしや』ぐらいまで聞いてくれました。その後、チビさんたち2人とお母さん退場。3歳ぐらいのお兄ちゃんのみになったのですが、チビさんをお父さんにバトンタッチしてお母さんが戻り、残りは親子でじっくりゆったり楽しんでくれました。
最後の『パンやのくまさん』は、もうやめておこうか?!と思ったけれど、『読んで!!』とリクエストくれたので(^o^)読みました。お母さん曰く、お家でも絵本が大好きなんやそうです、ほんまによく聞いて楽しんでくれました、ありがたかったです。

| ストーリテリング | 14:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

児童館おはなし会プログラム


絵本『まちには いろんな かおが いて』  佐々木マキ ぶん・写真
詩「きりなしうた」『幼い子の詩集 パタポン1』より  谷川俊太郎 作
おはなし『だいくとおにろく』  松居直 再話  赤羽末吉 絵
絵本『ハーモニカのめいじんレンティル』ロバート・マックロスキー 文と絵  まさきるりこ訳
子供23人   指導員の先生2人  館長先生
ワイワイと賑やかに始まった会でしたが、詩、おはなし、絵本と進んでいくにつれ、私語も減ってゆき静かに楽しんでくれました。
詩『きりなしうた」は、きりが無い感を感じてもらうために、1回目はゆっくり、2回目は少しスピードアップして、繰り返しました。それでも終わった途端に「短っ!」と言った子がいたので、もう一度くらい繰り返してもいいのかもしれません。

| ストーリテリング | 19:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日から始まりますー!(^o^)


この時期恒例となりました大阪猫の陣(^o^)「猫ふんじゃったなギャラリーたち」の一環として、大阪南森町ギャラリーびー玉さんにて、今日から「猫科の6人の女たち」展、始まります。
昨日無事(^o^)搬入を終え、6人の様々なジャンルの技法の猫ラブな作品がずらりと並んでいます。週末お出かけの方は、ぜひご覧ください。
…と、言いつつ、今日から家の用事?!にて、週末は在廊できません、ごめんなさい。週明けには顔を出します(26(金)、28(日)あたりは居る可能性高いです)よろしくお願いいたします。

| 銅版画・木口木版画 | 06:16 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

文庫おはなし会プログラム

●小さい子向け            4人      補助Aさん
絵本『なにのこどもかな』
絵本『いちご』
絵本『いいおかお』
絵本『アンガスとあひる』
年少さんと年中さん4人。もう少し小さい子が参加するかな?!と選んだプログラムだったので、メンバーの顔を見て次の大きい子向けのものを組み込む?!と迷ったのですが、結局そのままでいくことに。結果的には、小さい子の楽しみ方とはちょっと違う楽しみ方をしてくれていて、いい勉強になりました。ゆったり楽しんでくれていたようでした。
●大きい子向け       3人      補助Aさん

絵本『じゃぐちをあけると』
絵本『とってもいいひ』
絵本『あひるのピンのぼうけん』
『あひるのピンのぼうけん』を読みたくて、組み立てたプログラム。ピンクは、おはなしも波乱万丈で面白いし、絵も生き生きとして(クルト・ヴィーゼ、大好き!!(^o^))魅力的なんですが、ビミョーに長い。その世界を楽しんでもらうために、組合せる絵本は、あまり長くなく、全くタイプの違う絵本がいいなと、柔らかめの科学絵本と、非常に現代的な遊び心のある絵本を選びました。
「これ!」と選んで組み立てても、時によっては「ああ、あかんかった(>_<)」ということになることもあるんですが、今回はいい具合に楽しんでもらえたようです、よかった。そして、「ピン」の魅力の凄さ。(^o^)みんな、話が進んでいくにつれて、しっかり絵本の世界に入り込んでくれて、揚子江の川風を感じてくれていたやうでした、ありがたかったです。

| ストーリテリング | 23:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月