2004年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2004年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

某こども図書館おはなし会記録

おはなし「王子さまの耳はロバの耳」『子どもに語る世界の民話』より
絵本『ちいさなきかんしゃレッドごう』ダイアナ・ロス作
絵本『くいしんぼうのはなこさん』石井桃子作

小さな子達四人と、おかーさん、補助のおにーさん(爆)というこじんまりとした会でした。
最初は入らない!って言っていた子がおかーさんと弟を連れてはいってきてくれて・・・おはなしがはじまったところだったので、ほかの二人には悪いかな?!と思いつつも、「もう一回最初からしようか?!」と、最初から。(笑)途中から、弟くんは「トイレ~!」「うにゅうにゅ~!」と少し集中が途切れてしまったけど、ほかの3人はよう聞いてくれてました、ありがとう。

5歳の男の子が、おはなし会が始まる前に「どうして絵本を読まないの?おはなしするの?」と真剣に聞くので「今日はこれとこれ(絵本を指して)を読むよ。でも、こっちのおはなしは、おはなしがおばちゃんの頭ん中に入ってるから、それをおはなしするね。聞いて、自分で頭ん中に絵を描いてみてね。」と話すと・・・・半分不思議そうに、半分納得したようにうなずいてました、かばええ。(爆)
スポンサーサイト

| ストーリテリング | 22:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

某文庫おはなし会記録

小さい子向けの時間)
絵本『ちいさなきかんしゃ レッドごう』ダイアナ・ロス作 レスリー・ウッド絵 あすなろ書房
絵本『くまのコールテンくん』ドン・フリーマン作 偕成社

ちょっと不安そうな表情をした小さな男の子が入っていたり、おしゃべり達者そうな(笑)女の子がいたり・・・・でも、すごくしっかり絵本の世界を楽しんでくれていたように思います。
「レッドごう」はまだ読み聞かせに使ったことがなかったのですが、多分遠目も効くやろし、筋もわかりやすいし、と選んだのですが、正解だったみたいです。男の子達の目が真剣で「次はどうなるん?!レッドごうはどうなるの??」と訴えかけてきてて、こちらも楽しかったです。
「コールテンくん」も舞台が夜のデパートで、興味津々だった様子でした。

大きい子向けの時間)
おはなし「王子さまの耳はロバの耳」『子どもに聞かせる世界の民話』より 実業の日本社
絵本『あひるのピンのぼうけん』マージョリー・フラック作 クルト・ヴィーゼ絵 瑞雲舎

たまたま3、4才の子がはいっていたのですが、わかりやすい、気持ちのいいおはなしだったので、楽しめたのではないかな??というかんじでした。
ただ、ピンの絵本は・・・・長かったかなぁ?!(笑)
ほかの子たちは、じぃっと食い入るように見てくれていました、ほっ。

| ストーリテリング | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2004年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2004年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。