| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パダにゃの旅立ち


文章にして残しておかなければ、と思いながらも、どうにも私自身の中で整理できず、インスタグラムの写真などにちらっとあげたまま、年を越してしまってましたが……2017年12月16日、ダニャ嬢我が家から旅立ちました。最後まで凛としてて賢くて、そして可愛らしくて、ほんまにいい子でした。

9月24日夜、瀬戸から帰宅して様子がおかしくなっているのに気づき、主治医のところに走り夜中まで点滴していただいて一旦は持ち直したものの、腎機能の数値が戻らず、その頃から主治医には遠回しに「年齢的に言っても覚悟しておくべき」と言われつつも、ほぼ毎日皮下輸液に通い(先生にはほんまに良くしていただきました。ほぼ毎日輸液やったので、病院お休みの日にも輸液していただいたことが何度もありました)食欲を戻すために、カリカリからウェットに食事を変えたり、生活スペースを広げたり、体を冷やさないように、暖房器具を工夫したりして、ひたすら「まだいったらあかん、まだ早い、まだここにおり。」と言い聞かせ続けました。
不調の原因は、どうやら風邪だったようで、その後ぱーこさんにも鼻風邪の症状が出て、それまで寄り添って寝たことなどなかったふたりでしたが、おとなしくふたりで寝る姿が見られました。

ありがたいことに本猫の気力が衰えなかったので、しばらくして食欲も戻り大体一ヶ月後には、リビングでの添い寝をしなくても大丈夫になったほど(輸液も2-3日に一度のペースになっていた)一時期は回復していました。

そして、ほんまに驚いたことに、体調不良になったせいか??ダニャはだっこも嫌がらなくなり、人間に甘えたり話しかけてきたりするようになりました。(なにせそれまでは、さっと撫でるくらいはできても、基本「幻のお嬢さん」だったので)他の3猫たちがウロウロしていても、ソファで寝ることができるようにもなり、鼻をちゅんと突き合わせて嗅ぎ合う?!猫式の挨拶もできるようになりました。

ただ、やはり腎機能は戻らず、食べている割には体重も戻らず……11月に入ってまた不調になり、輸液の回数を戻して様子を見ていました。
よくなったりしんどそうやったり、の繰り返しで、それでもたまたまラッキーだったことに、出張などの用事が入ってなかったため(旅行やお出かけはキャンセルしました。長く外出しているのもずっと怖かった)本当にゆっくりそばに居てあげられることができて、よかったです。

12月に入ってからも、あまり調子は良くなく、主治医からは、今まで予想していたダニャ嬢の年齢が、どうも若すぎるのでは??と、ダニャ嬢おばあちゃん説まで出たものの、復活を繰り返し(先生からは「ほんまにこの子は強い子や、奇跡の復活やな」とまで。^_^)家でも、ほぼ隠れて暮らしていたのが、全く隠れなくなり、ソファの上でなくても、3猫たちと同じ高さででも、普通に寝たり寛いだりできるようになりました。

12月10日過ぎた頃からは、相変わらず食べているのに痩せていく状態で、輸液をした後は少し楽になるようでしたが、やはりどことなくしんどそうで。その姿を見ていたら、だんだん「まだいったらあかん!」と言い続けるのが酷な気がしてきて、「いきたくなったら、いきたいタイミングでいっていいからね。また会えるから、お別れじゃないから」と話しかけるようになりました。

リビングで座っていると、自分のベッドから出てきて膝に乗り寝てしまったり、寝ている私の首の上でのびーんと寝てしまったり(12月に入ってからはまたリビングで添い寝していた)ほんまにこれが同じ猫なのか?!と思うくらい話しかけてきてくれ甘えてくれました。

今思い返しても、それはほんまに奇跡の時間で、猫神様が授けてくれた、かけがえのない時間だったような気がします。……いやいや、外でご飯をあげていた時も、家に倒れこんできて、幻状態で暮らしていた時期も、全てかけがえのない授かりものの時間なんですが。

15日、16日と、朝一で輸液に行くも、ぐったりしていたので、主治医に電話したところ、もうできることはない、お家で様子を見てあげて、と言われ、16時午後ずっと抱っこしていたら、そのまま眠るようにいきました。凛とした姿でした、堂々としていました。

週末で人間家族が居たので、見送る手続きなどなどを全てしてくれて助かりました。元々猫は苦手な彼ですが「あの子は2年前の夏に、家に入れなければそのまま死んでいたやろから(台風の日家のそばから消えていて、夜中に後脚が立たない状態で玄関の前にずぶ濡れで居たのを私が見つけた。それで、もう猫は増やさないでくれ、と言われていたのにもかかわらず緊急で家に入れたのでした)やれることはしてあげれたと思う」と言ってくれてありがたいと思いつつ…まだ、もうちょっと長く一緒にいられたのでは?!と、堂々巡りのように考えていました。

離れて暮らす人間家族たちにも、辛いけれども知らせるべきやろ、と連絡したら、一人はそのまま関東から戻って、次の日一緒に見送ってくれました。

斎場へは、自分たちで連れていきました。神戸の街を一望できる山の麓で、小さな沢や池があり、鴨がつがいで泳いでいて、ここから旅立つならいいよね、と話しかけていました。
担当の女性に「がんばりましたね、長生きしましたね」と言われ「いや、多分10才くらいやと思うけど?」と言うと、ヒゲや眉毛の細さ、短さ、体つきから、多分もっとお年やったのでは??と。そう言ってもらえると、なんとなくちょっと救われるというか。それでもやはり思うのは、もっと一緒に居たかった、ということなんですが。

まだまだ気持ちの整理はつきません。あの時、ああしていたら??とか、この時もっとこうしていたら?とか…見送る覚悟を決める時間はいっぱいあったはずですが、それやからと言ってすんなり覚悟ができるわけではなく、後悔もいっぱいで。でも、それ以上に、短い時間でも一緒にいられた有り難さは、何ものにも代え難く。
骨壷を置いた祭壇に、まだ写真が飾れません。幻歴が長かった子なので、まだソファの後ろや下にいるような気がしてなりません。(3猫たちはまだダニャがいつも居たあたりを探してます)

ダニャや、うちに来てくれてありがとう。

ダニャの本名「パダ」という名前は、ハングルで「海」という意味です。庭に来ていて、気になりつつも、人間家族の手前、家にいれることはできないだろうと諦めていたので、家の子らとは違うイメージの名前で呼んでいたのですが、いざ家に入れられることになると、ぱーこさんと「パ」がかぶっていて、混乱するかな?!と、ダニャと呼ぶようになりました。ぱーこさんの本名が「パール・ルア」なので、ダニャは「パダ・ダナン(ダナーン神族から貰った^_^)」にしました。

また会おうね。次は私が猫になって、ダニャに育てて貰おうっと。

同じ日、ちょっと時間はずれたけど、銅版画仲間のkiyuttさんちの長女猫さんも旅立ちました。連絡がきてびっくり。どこか途中で合流して、一緒に空へ行ったのかもしれないね、と思っています。

長くなってしまいました。書いてても、まだ泣けてきてしまいます。読んでくださって、ありがとうございました。
スポンサーサイト

| 未分類 | 17:52 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます。年末年始……バタバタしている間に日が過ぎている(>_<)と相変わらずですが、本年もよろしくお願いいたします。
画像は今年の年賀状。今回は銅版画で作りました。酉年にあわせて?!エジプトのホルス神(天空と太陽の神さまやそうで、隼です)と、猫の女神バステト(やけど、猫又。^_^)。バステト神は人間を病気や悪霊から守ってくれるそうなので、ちょうどいいかな。^_^
書かれている文字は、あけましておめでとう的な英語の表現を色々探しているうちに見つけた、テニスンの詩の一部。'Ring out the old, Ring in the new'(「除夜の鐘とともに古い年を送り、新しい年を迎える」というような意味らしいです)素敵やなと思い使わせてもらいました。
昨年年末も、いくつか展示に参加させてもらう機会に恵まれ、現場の空気^_^を楽しませてもらいました。作品を間に、ご覧いただいたお客さまや作家のお仲間さんたち、スタッフの皆さんとのやりとりの中で、色々刺激をいただいたり勉強したり、でした、ありがとうございました。
今年もいい機会に恵まれますように!(そのためにはしっかり制作せねば、です、ハイ。^_^)
現在参加させてもらっている展示や、これからのスケジュールは次の記事にて!
今年もボケボケなことをやらかしそうですが、よろしくお願いいたしますーー!^_^

| 未分類 | 17:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「おかしな本展」始まりました!

南森町ギャラリーびー玉さんでの(おかしな本展」始まりました。今回もたくさんの作家さんが参加、初めてお会いする方やら、久しぶりの方やら、送りでの参加の作家さんの作品並べるお手伝い込みの搬入もサクサク楽しかったー!( ^ω^ )
私のコーナーはこんな感じ。
今回、銅版画の挿絵の巻本の新作あります。
ゆったりした時間が流れてるギャラリーで、ゆっくり手にとって頂けたら幸いです。( ^ω^ )

| 未分類 | 10:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

某育児支援施設おはなし会プログラム


絵本『ぴよーん』
絵本『どうぶつのおかあさん』
絵本『いぬがいっぱい』
絵本『にゃんきっちゃん』
おはなし「ネコがごはんのまえに、かおをあらうわけ」リトアニアの昔話
絵本『くつしたくん』
絵本はらぺこあおむし』
子ども7人
大人4人
赤ちゃんとお母さんの組み合わせばかりでなく、3才や4才のお兄ちゃんたちも入ってくれて、その子たちの空気に引きずられて^_^赤ちゃんたちも熱心に絵本を楽しんでくれた時間になりました。

| 未分類 | 18:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いろいろいっぱいありがとうございます、を。(=^ェ^=)

7月半ばに無事個展が終わりました。
ご高覧や作品連れて帰ってくださりありがとうございました。作品を間にたくさん猫の話を作品の話、版画の話ができて、刺激をいっぱいいただきました、ありがとうございました。いっぱいいただいたものを次へのチカラにしていきたいと思っています。
展示の様子は、簡単にですが、フェイスブックの桐山暁ページにまとめました。(ブログ横のリンクからご覧になれるかと思います)よろしかったら是非ご覧ください。
その後引き続いていろいろグループ展やイベントなどに出展させてもらっていました。なんだかぼーっとしてしまって、ちゃんとお知らせやらお礼やらがてきてないまま8月も半ばに近づきつつある、という。(>_<)
ギャラリー猫町さんでは、2回目となる『キネマ猫町展』に参加させてもらいました。いくつか作品拝見したのですが、みなさんめっちゃこだわりがあって素敵でした。
そして、大阪では東急ハンズ梅田店での猫の雑貨、作品展に参加させてもらっていました。金曜日にお当番させてもらったのですが、思いがけず久しぶりな作家さんたちにばったりお会いできたりして、楽しかったです。
そして、今日からは大阪南森町のギャラリーびーたまにさんでの豆本展に出展します。こちらも画像撮って様子レポしますー!
そして画像は、『キネマ猫町展』で、熱く(≧∇≦)想いを語るために(結局のところ、キネマに対する熱い想いではなく、猫に対するものになってしまった感が。(≧∇≦))作ったボードです。

| 未分類 | 11:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

児童館おはなし会プログラム

詩「へんてこりん」『幼い子の詩集 パタポン』より
シャーロット・ゾロトワ 作
おはなし「金のとさかのおんどりと石うす」『ロシア民話 動物たちの冬ごもり』より
絵本『チムとゆうかんなせんちょうさん』アーディゾーニ 作
詩「まっくら」『幼い子の詩集 パタポン』より
矢崎節夫作
子ども66名   指導員の先生 3名
詳細は後ほど

| 未分類 | 17:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猫町個展始まってますー!(=^ェ^=)


↑梅雨の晴れ間の青空。
6日に移動して搬入設営、7日から猫町個展「Colors」始まってます。
初日から、懐かしい方いつもの方や、ご旅行で来られている方などなど、たくさんの方々と作品のこと猫のこと、色々お話して、いい時間を過ごさせてもらってます。
モノクロのイメージのある銅版画ですが、今回は色々色を使って、猫の魅力風情を表現できたら、と思っています。
会期は前半が10(日)まで、後半が14(木)から17(日)までです。全日在廊予定ですので、お近くの方はぜひ!
ちなみに今回私は1階のギャラリー、2階は京都の春日工房さんで、大人素敵な染めや木工の作品が並んでいます。(=^ェ^=)

| 未分類 | 09:08 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猫町個展のお知らせ

桐山暁個展「Colors」
2016/07/07(木)~17(日)(途中11~13は休廊)11:00--18:00
明るい色、渋い色、鮮やかな色、静かな色。
季節の色、ココロの色、見える色、見えない色……
様々な色を猫を、銅版画などの版画技法で描こうと思います。
全日在廊予定です。
よろしくお願いいたしますーー!!(=^ェ^=)

| 未分類 | 20:35 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

某育児支援施設おはなし会プログラム

●プログラム●
絵本『ころころころ』元永定正作 福音館書店
絵本『ちいさなうさちゃん』 ディック・ブルーナ 文絵  いしいももこ訳  福音館書店
絵本『うさこちゃんのおじいちゃんとおばあちゃん』  ディック・ブルーナ 文絵  松岡享子訳  福音館書店
絵本『すずめ ちゅん』  あらかわかおる 文  あらかわみつる絵  福音館書店
絵本『いぬがいっぱい』  グレース・スカールさく  やぶきみちこ訳  福音館書店
絵本『ながーいはなでなにするの?』  齋藤槙作        福音館書店
『なにをかこうかな』  マーグレット&H.A.レイ作  中川健藏訳  文化出版局
子ども4人、大人3人
赤ちゃんとママという組み合わせ2組と、1才代男の子、3才代女の子を連れたパパ、という参加メンバー。子どもたちが小さかった割には、よく楽しんでくれたような印象でした。
始める前に、子どもたちが飽きてきたようやったら出て貰って構わないこと、本来こういうおはなし会で絵本の読み聞かせを楽しめるのは、就園児ぐらいからであること(お家でご家族が1対1で読み聞かせしてあげるのは、赤ちゃんでも楽しめるんやけど、という補足も)をお話してから始めました。
途中、『すずめ ちゅん』では、赤ちゃん連れたママが、「ちゅん」という繰り返しの部分で、ごく自然て出てしまった、という感じで、私が「ちゅん」と読んだ後から小さな声で赤ちゃんに「ちゅん」と話し掛けていて、赤ちゃんが嬉しそうに、ママの顔と絵本を見て笑顔になっていたのが印象的でした。この親子は、次街に出た時すずめを見かけたら、『あー、ちゅんやねー!(=^ェ^=)」と、言って思い出してくれるかもしれないなぁ、と思ったり。全体的に、月齢以上に、みんなそこそこ(=^ェ^=)楽しんでくれていたようでした、ありがたかったです。
おはなしも用意していっていたのですが、メンバーの顔を見ていたら、やっぱり絵本の方が楽しめるかな?!と、絵本に差し替えました。
 

| 未分類 | 16:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

文庫おはなし会

小さい子向け  16人   補助Sさん
絵本『ぎっこん ばったん』
絵本『いたずはこねこ』
絵本『ちいさなきかんしゃ レッドごう』

大きい子向け    5人  補助Sさん
絵本『ぼくはだいくさん』
絵本『あめのひってすてきだな』
絵本『かもさんおとおり』
詳細は後ほど。

| 未分類 | 17:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。